この冬休みは、仕事から少し離れて家族の時間をたっぷりとることができました。その間、私はランニングに没頭しつつ、美味しいものをたくさん食べることもできました!!

food2
スイスの家庭料理、ラックレット

年末にお友達家族を我が家に呼んで、スイスの家庭料理、ラックレットをみんなで一緒に食べました!そのお友達はドイツ人のご主人で、ドイツでは毎年大晦日に食べていたそうでタイムリーでした。ちなみにスイスでは冬シーズン、定期的に食卓に上がる家庭料理の一つです。日本では「鍋」みたいな存在!!笑

food1
手羽のBBQソース和え

「肉嫌い」で、「肉料理」と言えば、(料理とは言えない)ホットドッグとかチキンナゲット、私の作った「鶏そぼろご飯」とか、ごく少量の「手作りバーガー」くらいしか食べなかった息子が、成長期なのかなんなのか?肉も好んで食べるようになってきていて、その出発点がこの「手羽」でした。ザ・アメリカ~ンなBBQソースの濃厚な味も肉の臭みを消してくれるのでいいのかも 冬休みに食べたいというので、息子を連れて手羽が美味しいレストランへGO!

food4
ボンゴレ!!

この日は息子のアメリカのパスポートの更新でダウンタウンへ行ったのでお気に入りのイタリアンへGO。私の大好物のあさり!!コロラドは海が遠いし、海鮮は全然旬ではないのだけど、久しぶりのシーフード、最高に満足!!(ボーイズは向こうに見える、ピッザ!!)

もちろん、和食も食べました!

food3
サーモンちらし

お気に入りの日本食レストランでテイクアウト。定石の美味しさでした!

food5
ベントウ・ボックス

↑「なんちゃって(アメリカの)寿司屋」なので日本人の私&日本に住んでいたスイス人夫としては今まで避けてきたレストランだったのだけど、同僚の先生がお勧めということでガールズランチへGO!そしたら、美味しいではないですか?!値段も、このインフレ高騰中のこの町でもそこそこ良心的なのでお得感まで!今度は夫も息子も連れて行こうと思います!

food6
シャンパンで乾杯

これもスイス(義家族?)の伝統で、大晦日の(午後7時だけど💦)カウントダウン!大晦日は、日本の伝統で年越しそばを食した我が家ですが、日端カップルということで、日本とスイスの伝統習慣で年越しでした!(2023年はうさぎ年ということで・・・笑)

美味しいものをいっぱい食べて、運動もいっぱいして、家族とたっぷり濃厚な時間を過ごした冬休みは、英気を養うことができました!息子の小学校から一足遅れで大学も来週から新学期が始まります。心機一転、また仕事を頑張ります。春学期が終わるのは5月中旬なので、それまでまた走り続けます!