新学期が始まって10日、息子、早々に風邪をもらってきてダウンしました(泣)

tea honey
はちみつとお茶

たったの1週間強、しかも、校内(屋内)は全員がマスク着用なので、感染リスクはそんなに高くないはず!!それなのに風邪をもらってくるなんて、一体どういうことよ!!と憤る私。まあ、子供なんてそうよね。あちこち触った手で口・鼻は触らなくても、目や顔は触ってるよね。手洗い・サニタイザーの励行も限界があることを痛感しました(涙)

さて、コロナ禍での風邪対応、本当に大変、面倒です。風邪症状が子どもに出たら、たとえマイナー症状でも登校を控えなければいけません。今回の息子は日曜日に鼻水・鼻づまり…だけが症状で、それもアウト!!

日曜日朝 鼻水でぐしゅぐしゅし始める
日曜日夜 コロナのPCR検査を予約
月曜日朝 コロナのPCR検査→48時間以内に結果が分かると言われる
月曜日午後 発熱、ソファや床でゴロゴロ、食欲も無し、咳も出始める→夜には38.5℃まで上昇
火曜日終日 熱が37℃台をウロウロ、食欲は少し戻ってちょっと元気が出た様子、鼻水・鼻づまり・咳が続く
火曜日夜 コロナのPCR検査の陰性結果が通知される
水曜日朝 鼻水が収まり、平熱に戻る、食欲・元気が戻るも咳が続くので、罹りつけ医に相談したところ、肺炎歴があるので心配と言われ、予約をすぐにとって診察を受けるも、肺は大丈夫とのこと、翌日から登校再開の許可がでる

今日(木曜日)に登校したんですが、今(木曜日の夕方)、まだ微熱が出てるようです。う~ん。。。

ちょっとした咳や鼻水、微熱程度では今まで学校を休ませたことはなかったんですが、こういう風邪症状が出たら即コロナ検査で、陰性結果が出るまで学校に戻ることができない、という方針となっています。コロナ禍、しょうがないですよね。

息子が学校に行けない間は、自分の仕事、旦那の仕事、今は通勤を強いられての仕事なので、全てにおいて調整が必要で、お互いに時間を犠牲にして息子の対応(看病)にあたりました。リモートの時は楽だった!!(泣)でも、9歳にもなれば家では体調に応じて一人遊びをしたり、本(マンガ)を読んだり、お腹がすけば自分で棚からおやつを出して食べたりしてくれるし、体調が悪いからと泣き叫ぶことはないので、小さい時に比べれば全然楽になったってことですね。

コロナ禍の風邪、とんでもなく、精神的にも肉体的にもキツかったのですが、まずはコロナではなかったことは幸いだし、このままぶり返すことなく(微熱の持続が心配)、新たな菌をもらわずに、元気に過ごしてもらいたいものです。

罹りつけ医からは、水分補給を怠らず、寝る前のはちみつスプーン一杯が咳には効くからと実践中!!