ようやく大学が期末のテスト週間に入り、毎日時間に追われる日々から解放されました!今はテスト後の採点地獄に入る前の束の間の一休みです。でも、先週はものすごく忙しくなってしまって、寝不足が祟って夫婦で体調を崩しかけました。でも、何とか夫婦で持ちこたえたのだけど、どうやら息子が鼻風邪をひいてしまったっぽい・・・ここから悪化しないようにと願うばかりです!

さて、恒例の息子の学習状況の記録、「英語の読み」編です。

7歳5か月(2年生スタート時)の記録はこちら(
6歳8か月(1年生中間時)の記録はこちら(
6歳4か月(1年生スタート直前)の記録はこちら(

現在は7歳8か月(2年生中間時)となりますが、先日の学校でのアセスメントでは「L(エル)」のレベル判定をもらったようです。10月にあった先生との前期保護者面談では、「読み」に関しては順調に伸びているから全く心配していませんよ、というコメントもいただいて、嬉しい限りです。

reading1
我らがイチローがアメリカ小2の読み教材!!

そして、相変わらず好んで読むのはノンフィクションばかり!笑 前は教室から薄い本を毎日借りてきてたのだけど、最近はもっぱら私のスマホに入っている音読アプリのRaz Kidsから選んで毎日2冊ずつ読んでいます。

Raz Kids についてはこちら(

reading2
オリックス時代のイチローが懐かしい!

このアプリの中には1つのレベル中、だいたい80冊くらいの読み物が入っていて、最近の息子はHやJのレベルのものを1冊読んで、次にFやGなどの簡単なレベルのものを「簡単、簡単!」っていいながら読んでいます。

↑このイチローの読み物教材の内容がJのレベルです。これぐらいのボリュームが10ページくらいあって、それで1年生の後期から2年生の前期の読みレベルのようです。このぐらいの内容になると、親として聞いていても、面白いなあって感じるのですが、それは恐らく読み手の本人としても面白さを感じるのでしょう。読むことを嫌がらなくなったので、大進歩です!いよいよ「読むこと」の楽しさを感じ始めてるのかなって、最近は思います!

reading3
アプリの読み上げ機能が便利!

このアプリの詳しいことは以前書いていますが、「読み上げ機能」は本当に便利です。一番最初に全文を読んでくれるのだけど、その後で実際に自分で音読する時に、読めない言葉が出てきても↑こうやってドラッグして、Hear word をタップすると、もう一度、その言葉だけ読み直してくれる機能もあります。

今までは読めなくなる度に、「お母さ~ん、これ何て読むの?」と聞いてきたり、そもそも隣に私が座っていないと取り組めなかった音読課題に対して、自分一人で取り組めるようになった、というのも成長とともに、このアプリ様様だと思うのです!!テクノロジー万歳!おかげで、私はご飯やお弁当の準備をしながら息子の宿題に付き合うことができて時間の節約です!それでも、適当に読み流すこともあるので、「聞き耳」だけは立てて、息子の間違いを正すようにはしていますが(汗)

この1年半を振り返って、1年生スタート時はフォニックスのスキルがゼロ(レベルA)→1年生中間時(レベルD)→1年生終了時(レベルH)→2年生スタート時(レベルI)→2年生中間時(レベルL)へと着実にステップアップ!!

ちなみに、2年生終了時の標準目標はレベルMだそうです。これはなんだか現実味が帯びてきました~!!こうして「読みの力」は着実に伸ばしてきてはいるのだけど、「読解」という面ではまだまだの様相で、それは次の夏休みの課題かなあと私は計画しています。

この調子で頑張ろう!!