息子が生まれてから此の方、私自身はずーっと息子と日本語を通して接しています。

hiragana
ひらがなの練習中

その結果として今、息子(と私)が直面しているのは、息子は「セミリンガル」状態にあるということです。「セミリンガル」というのは、「バイリンガル」の対照的な言葉で、『二言語、または複数言語の習得過程でいずれの言語も年齢相応に発達していない』状態のことを言います。

大人になってから第2言語を学ぶ場合は母語が確立した後に行うのでこういった心配はないけれど、小さい時から二言語や複数言語を同時に学んでいる子どもの場合は、成長ステージとの兼ね合いもあるし、また、モノリンガルの子に比べてそれぞれの言語への接触量が絶対的に少なくなるので、『一時的に』「セミリンガル」状態に陥ることは特に稀なことではないと言われます。

そして今の息子は正にそれ!今となっては日本語よりも圧倒的に英語の方が流暢ではあるものの、流暢さはクラスメートに比べて劣るし、読み書きにおいてはだいたい「半年遅れくらい」のようです。日本語においては語彙量や文章構文の使いまわしは4~4歳半レベルくらいかなあと感じています。

ただ、うちの場合はアメリカ永住がほぼ決定しているので、第一優先は「英語」であって、日本語はスローペースでも少しずつ「細く長く続けていければOK」というスタンスです。なので、今は「英語」最優先でキャッチアップのために前記事のようなことに取り組んでいる、というわけです。

だからと言って日本語学習をストップさせることはできず、むしろ、どちらの言語も同時に学習していくことが、双方の言語習得に利益があるという研究結果もあり、息子のESLの先生からは「日本語の読み書き」も頑張って!と言われています。そして、言語というのは使わなければ忘れるもので、子供は覚えるのも速い分、忘れるのも猛スピード!『今』日本語を使うことを辞めれば、息子にとって一番最初に覚えた日本語はあっという間に消え去っていくはずです。

そんな危機感と「息子とは日本語で話したい」という私の気持ちを息子に押し付けている後ろめたさがないわけではないけれど、それを察してかどうか、息子は今も私とは日本語で会話を続けてくれています。そして、今年は「英語へのブレ率」も去年に比べたら格段に少なくなって日本語が安定してきたなあとも感じています。去年の今頃は私に対しても英語の文章で言う量が増えていたんです。

今年になって日本語が安定してきた要因を自分なりに考えてみて、こんなことを感じています。

・認知面の成長
・夏休み一か月日本で過ごした蓄積
・今学期は週に一回放課後日本人のベビーシッターさんに一時間ほど遊んでもらっている
・今学期は週に一回放課後私と日本語の勉強に30分~一時間ほど充てている

加えて、土曜日の午前中は、2歳の時から通っている日本語学校の授業にも参加を継続させているので、「たかが週に一回」「されど週に一回」同じバイリンガルの子ども達が一堂に介して学習ができる環境は子ども達にとってとても良い刺激と学びの場になっていると思います。先生と学校に感謝です!

会話面はこんな感じで順調なのだけど、一方で息子の課題はここでもやっぱり「読み書き」です。未だにひらがなは全然覚えられていないし、「できるならばやりたくない」ことで、常に拒否体制・・・隙あらば泣き落としや癇癪として私に対抗してくるので、その度に私自身も「ここまでしてやるべきことなのか?その意義は?」と悩みます(涙)

私自身も長いこと子どもにバイリンガル教育としての日本語を教えているので、

・会話だけでは言語習得の頭打ちが起こる。
・会話の基礎がなければ読み書きの習得とその後の言語発達は難しい。

という経験からの考察もあります。なので、言語の4技能「聞く・話す・読む・書く」をバランスよく伸ばしていくことが将来的には重要になってくるんですよね。だから、どんなに反抗されても泣き喚かれても、少しずつ「読み書き」を教えることは続けていきたいなと思っています。息子をその気にさせる「きっかけ」は、英語の読み書きもできるようになっているのだから、絶対にあるはず。こちら側の創意工夫で、でも時には人の手も借りて息子と向き合っていきたいなあと思います!あくまでも優先順位は低いのですが!(汗)

【6歳8か月】の覚書でした!